ヴァレンタインの過ごし方

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_22452794.jpg

パリのお花屋さんはバラ商戦。店頭にバラの花びらをい〜っぱいまいて、とってもロマンティック。男の子がお花を購入する日です♡かくいうボーもバラを1本プレゼント。嬉しいが。。。仕事でお花を扱う私は、大体のお値段が分かってしまうのだ。ふぅ〜ん、ボーの気持ちはこんなモンなのね、と意地悪気味に横目でつい見てしまう。職業病だ(笑)

そんなヴァレンタインの朝、私は買い物へ。いつもの中華食材屋さんのあと、マルシェへ。いつものフロマージュ屋さんで、ボーの大好物のコンテを切ってもらい、牛乳と新鮮卵、ヨーグルトなどなど♡お支払いは20数ユーロ。はぁ〜、いつもながら高いなぁ。。。と思いつつお財布を開けると。。。そこには7ユーロ程のコインしか入っていない!ガ〜ン!!!

「ムッシュー、ごめんね〜。コンテだけ買うから、あとはキャンセルで。お金がないのよ〜(泣)カードも今日は持ってないのよ〜(大泣)」
「えっ?そう?今度でいいよ?」

やさしいな、ムッシュー。でもそりゃ悪いし、寒い日は出掛けたくなくなるので、次の約束は出来ないんだよ。
などなど言い訳をし、結局コンテだけ購入。私ってやさしいな、ボーの好物はゲットして。(大きな声じゃ言えないが、コンテは切り分けてもらったからな。これをキャンセルするのは出来ない。。。)
と、恩を思いっきりボーに売る私。と思ったら。。。

ボーは私の好きなパティスリーでケーキを買う事に。2つ注文し、いよいよ清算。。。お金が足りない!カードも金額が少なすぎて使えない。。。店員さんに「止める?」と聞かれ、1つだけ購入。そのあまりでバラを1輪。
初めは恩着せがましく、「RICAのためのケーキとお花♡」なんて言っていたが。。。

真相はもっと深い(?)所に。。。トホホホホ

おまけ 写真のフロマージュ、お金の足りなかった私を可哀想におもったのか、おじさんがプレゼントでオマケしてくれた。う、うれしい♡
[PR]
# by rica_paris | 2012-02-16 23:07 | なんでもない日

イラン その3

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_1395481.jpg

大バザールを後にした私たちは、念願のペルシャ絨毯博物館へ。
正直さ、アラビックっぽいものに興味は全くない私。遺跡には興味はあるが、宮殿とか。。。ゴージャスすぎて、目がキンキラキンになっちまう。
そんな無教養なボーと私が、なぜ絨毯博物館などへ???

今回の旅の目的は「イランにおける華道」なるイベント、日本文化週間への参加。そこで無教養な私は、便利なインターネットを酷使して色々と浅知恵を仕入れた訳さ。その中にペルシャ絨毯の項目があってさ。。。

c0187498_1401750.jpg

イランの自然は厳しく、だからこそペルシャの人々は草花の咲き乱れる楽園生活を夢見て絨毯の絵柄として表現したらしい。。。
そこで、いけばなとくっつけて。。。

「日本の国土は南北に長く、温帯・寒帯と2種類の気候を併せ持つ。そのため、大変豊富な種類の植物が生育しています。日本には四季がありますが、植物にとってはイラン同様、日本の自然は決して住みやすいとはいえない。激しい雪、雨、風は植物を痛めつけますが、反面、木々に味わい深い曲がったものを出来たり、苔がついたり、紅葉したり。。。農耕民族である日本の先祖はこのような植物の変化を敏感にとらえ、魅力を感じた様です。イランはペルシャ絨毯、日本はいけばなと表現方法は違いますが、自然との関わり合い、あこがれは同じなのではないでしょうか?」

などと、浅知恵を披露しながらペルシャ絨毯をイメージした作品を1つ制作。これがさ、割と自分では気に入っていたのだが、なんてたってインターネットのインスタント情報。「一見は百聞にしかず」で、浅はかな作品だったな、博物館の作品群を見た後では。あ〜、恥ずかしい(赤面)

c0187498_14069.jpg

まぁ、美しい事、美しい事。数百年も前に織られた巨大な絨毯たち。素朴なものから精密なもの、花鳥風月の雅なものから、歴代王様の似顔絵(?)の絨毯などなど。決して目がキンキラキンになってしまうものばかりではない。あとね、イランにも干支らしきものがあって、そんな柄が織られているかわいいものもあったな。
時間があったら、もっとゆっくりみたい。もしイランへ行く機会があれば、もう1回行きたいな。

ただね、悲しい事は。。。複雑な絵柄、目が細かければ細かい程、値があがる絨毯。小さな手が重宝するんだって。って、ことは、子供の手が最適なんだって(泣)学校に行く代わりに働くんだって。なんだかやるせないね。

で、この絨毯達。例えば日本で100万円ほどの絨毯は、イランでは10〜20万円くらいなんだって。1ついかが?と悪魔のささやきが聞こえたが、パリの小さな我らの穴蔵にはちょっとゴージャスすぎるざます。

この後、100年程前に建てられたと言われている「サアダーバード宮殿」へ。あいにく写真撮影は不可だった。こじんまりしたお城でね、、、サロンと王様の寝室が全面鏡ばり(鏡を細かく切って、細工したもの)。ん〜、どうなんだろう(笑)?眠れたのか???もともと軍人だった方が王様になったらしく、王様の寝室にあるベッドは、博物館として一般公開する際に中にいれたらしい。王様自身は床に寝ていたらしいが、真相はいかに???

1日だけの観光だったけど、我らがマ−君のお陰で、楽しい1日だった。イランって文化がある国だからかな?カラっと乾いてないっていうか。。。見せかけの明るさがないというか。。。深く深く知って行きたい国だった。
[PR]
# by rica_paris | 2012-02-14 02:25 |

イラン その2

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_222562.jpg

ナンを食べた後は、大バザールへお出かけ。大使館の方が計画して下さった予定表には入ってない。下町好きの私とボーとしては、マルシェや蚤の市に匹敵する大バザールには是非行きたいのだ。予定を変更してもらって行って来た。。。行って来たが。。。やはり現地を知る人のお勧めでない場所は、やっぱりお勧めでは無いのだ。
写真は大バザール正門。この中には入ると、あとは迷路の様に。。。。。日用雑貨が続く(笑)メイン通りっぽい通りはずっと日用雑貨。お鍋やお玉、などなど。旅行者には関係ないものばかり。50mほど行った所で引き返す事に。

お次ぎは、トルコ石を購入したいとお願い。友人がアクセサリー作りをしているので、お土産にね。イランのトルコ石は絶品らしいので。
で、案内をして下さっている通称マー君はバザール出口を右に入る。ずんずん行くと。。。そこは貴金属売り場。ただ既に加工されているアクセサリーばかりなのだが。
そこで我らがマ−君、1軒のお店に入って、原石を売っているお店を聞いてくれた。なんでも、その辺り一帯の宝石職人が原石を買うお店、というお店を紹介してくれた。

愛想のない、意地悪じいさんが1人。トルコ石が欲しいと言ったら、紙に包まれた原石を広げ出した。おじさんが1つ1つ机の下から出してくれるだけで、私には見せてくれない。1つ気に入ったのを見つけたので、「これこれ、こんなのがもう1つ欲しいんだけど!」「無い!」で終了。
次の人は。。。大粒ルビーらしきものを購入していた。
ただ、どうしてももう1つ欲しかった私は、別のお店に入って原石探し。。。ただ全くと言っていい程、素人目にも分かる程、質が違う。再度戻っておじさんにお願いする事に。

おじさん、お祈りのために外出しちゃって店が閉まってる。。。が、そこはイラン。隣のお店に声をかけ、おじさんに電話をして帰って来てもらう。すっげぇ〜、イラン。ホントに帰って来てくれるのだ。たかだか1千円ちょっとの石のために。やさしいね。
偏屈じいさん、意地悪じいさんなどと陰口を叩いた私だが、たちまち反省。「やっぱりおじさんとこの石が1番だったよ。」などと機嫌をとりながらの買い物。結局3千円程のものを2千円におまけしてもらった♡いい人じゃん(笑)

この大バザール、次の日に仲良しになったイラン人の女の子に聞いた所、イラン人でもほとんど行かないらしい。ちなみに彼女は1回しか行った事は無いそうだ。。。
[PR]
# by rica_paris | 2012-02-08 00:24 |

イラン その1

Atelier d'HANA のBlogをup
気づけば2月も1週間が過ぎ、私は一体毎日何をしているのだろう???実は、記憶喪失になっているのではないか?と思う程、月日があっという間に過ぎていく。

イランから戻って1週間。。。何してたんだろう???
c0187498_0514169.jpg

イランの旅は、いけばなのデモンストレーションとワークショップをイランはテヘランでやって来たのさ♡
今回の派遣先はイラン。。。正直あんまり良い印象が無かった。どうも上野の偽造テレフォンカードなんかのイメージでさ。なんてったって、人種差別の人だから。ご免なさい。
ただ実際行って感じた事は。。。個人主義のパリジャンに馴れ始めた私やボーには、かなり暖かいフレンドリーな人たち、今まで思っていたイメージとはかけ離れた人や場所だったということ。
やっぱり行ってみないと分からないってこといっぱいだね。反省だ。

まぁ、仕事で行ったので、自由行動はほとんど無し、残念!でも1日観光出来たのだ。効率よく回らねば、と言う事で、まずはナンを食べる事に。大使館員の方々皆さんが絶品していたナン。これを食べずにして帰れるか!
写真のように、釜で焼いて、熱々を食べると。。。美味しい事、美味しい事♡フランスの焼きたてバゲット、日本の炊きたてご飯に迫る程の美味さ♡だった。
c0187498_0523147.jpg

上の写真を見ても分かる通り、ただ大きすぎるのがナンなのだ。
こんなの1つ食べたら、お腹がいっぱいになってしまう。。。そのうちに冷めて来るし。ちょっと固くなるんだよね、仕方が無いけどさ。
ごはんに振りかけ、じゃ無いけど、やっぱり何か他の味も欲しい所。美味しいけど、コレだけ大きいと飽きるしね(笑)ただ、お小遣いが乏しいかったら夕食に、それともお昼ご飯にピッタリだよ。

ここでも、焼きたてが食べたい!と言ったら、わざわざ焼いてくれたのだ。
で、写真も撮らせて!とお願いして釜前に。
ただ、釜前にいた職人さんにはちょっと嫌な顔をされたが。。。当たり前だね、お仕事の邪魔してご免なさい。
[PR]
# by rica_paris | 2012-02-07 01:09 |

イラン

Atelier d'HANA のBlogをup
お正月〜♡明けまして、おめでとう。などと、まったく目出たい私の頭。。。。気づけば1月も半ばを過ぎ。。。年末にひいた風邪をヒロリン、ボーに移したあと、ボーから再び菌を貰い。。。風邪+なぜか既にアレルギーの咳が出始めた私。病院通いが始まった。
などとぼやくうち、なぜだかイランはテヘランの旅に出発するらしい。
荷造りはボーに任せ、家の掃除もボーに任せ、洗濯も。。。全てボーに任せ、私はと言えば、現実逃避。宮部みゆきのミステリーにどっぷりとハマってます。

では、行ってきます〜!
[PR]
# by rica_paris | 2012-01-23 18:15 |


パリにやって来た「いけばな作家」のボケボケな日々


by rica_paris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧