カテゴリ:ひとりごと( 25 )

謹賀新年

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_20511221.jpg

謹賀新年
昨年はまったく更新されない私の日記を見て頂きまして ありがとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします

なのですが、ご存知の様にこの日記、まったく更新されてないです(苦笑)
このページ、閉じるつもりは今のところないのですが。。。また書きたくなるかもしれないので。。。
最近はfacebookに時々短い日記を綴っています。
どうもブログだと、長い文章になり、時間がかかって大変になって来たのが実情です。
ちなみにfacebookのアドレスです。
http://www.facebook.com/rica.arai.7
または、Rica Araiで検索して頂けると、出て来ると思われます。
もしお時間がありましたら、そちらもご覧下さい。

さて、去年は。。。
私は仕事はミニマム、最低のお小遣いが出れば良いと思っているだが。。。去年はちょっと働いたな。普通の人と比べたらその半分にも満たないだろうが、なんとなく忙しい(せわしない?)1年だった。
事務仕事なんか正直半年たまってる。。。ど〜すんだよ!!!と少々焦り気味の私です。
私生活では相変わらずグータラ、好きなだけ飲み、食べ、遊ぶを実行したな。

さて、今年。。。
仕事は、新しい境地、本の出版が控えている。もちろんいけばなの本なんだけど。。。今さらながら、いけばなについて勉強しているところ(笑)
編集者からは催促の連絡ばかり。。。人気作家になった気分だが。。。はたしてどうなることやら?
健康。少々健康に気をつけようと思う。まぁ、いい年だしね。最近お酒の限界が出来て来た。体的にはいつまでも飲み続けられた体だったのに、最近は飲み過ぎると拒否反応を示す様になった。。。進化した気分だ。体に正直に従って行こうと思ってる。
私生活。ボーとも早13年目のお付き合いになる。ラブラブ期間はとうの昔に過ぎ去り、最近はブチブチ文句の言合いが多い。寛大な心を持とう!と思うよ、今年は。もう少し仲良くしよう♡あとは。。。去年が忙しかったので、今年は少々ノンビリ、大好きな読書の時間を増やそうと思う。最近は中国の歴史ものにハマっているのだ。漢字が苦手な私は、名前を覚えるだけでも四苦八苦(泣)がんばるぞ!

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by rica_paris | 2013-01-03 21:13 | ひとりごと

たいがいにせ〜ぃよ!

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_1562263.jpg

先日、URSSAFという。。。なんと説明すれば良いのだろう?とにかく政府の機関で、プロフェッションリベラルという立場で仕事をする場合、かなりの金額を支払わなければいけない所。健康保険でも年金でもないのだが。。。そう考えると、なんなんだろう?URSSAFって???

まぁとにかく、そこからとんでもない請求書が届いたのさ。1年間を4期に分けて支払うのだが、4期目は前年度の収入との兼ね合いで計算し直し。初めに提示された金額よりも低くなる場合もあるし、もちろん高くなる場合もある。これはURSSAFだけに限った事ではなく、健康保険も一緒。4期目にあたる今月はまったく恐怖の月でもあるのさ。

健康保険の追加分。。。これだって結構キツかった。で!!!恐怖のURSSAFが来た訳さ!4期目の予想金額の5倍以上の請求書!!!気絶するかと思った。土曜日のお出かけ前に覗いたポスト。そこに1通の請求書。落ち込んださぁ。。。お先真っ暗、もう仕事するの止めようと思ったさぁ。何のための仕事か分からんさぁ。道を歩きながら泣けて来たさぁ(沖縄風?)。。。

が。。。だんだん腹が立って来た!!!「人バカにすんのも、たいがいにせぇ〜よ!このボケが!!!」「じょ〜と〜やないけぇ、このアホンダラ!誰にゆ〜っとんねん!100年早いわ!」「月曜、楽しみにしてや!」などなど、関西など縁もゆかりも無い私が関西弁モドキに!(最近「カーネーション」楽しみにしてて、お父ちゃんのマネしてみたんだ、実は)

「喧嘩上等!」とはちまきまで考えたがボーに止められ、月曜URSSAFへ出動。フランス人が大好きな「レボリューション」や!バスの中でも拳を握る私。「何ぬかしとんねん、このどアホが!」あ、熱い、熱すぎる私。。。自分でも怖くなる。

バスに乗る事10分、到着や。いよいよや。がんばりぃ〜や、自分!励ます私。

受付カウンターには既に数人の人。むむむむむ!

キッタ〜!とうとう自分の番だ。ズンズンズン、書類を抱えて。。。「おんどりゃぁ〜〜〜!」

はぁぁぁぁぁ。。。気づけば両手モミモミ、江戸の岡っ引きに懇願するやくざモンになってる私だ。。。
「ちょっと、調べ直しておくんなせぃ。こんだけ取られた日にゃぁ、お天道さんも拝めませんぜ、だんな。ちぃ〜っと勉強しておくんなせいよ。まぁ、ここは一つ。。。ね。」手持ちのお菓子を賄賂に渡す。

はぁぁぁぁ、当たり前だが、値引き交渉決裂。すぐに支払う様にとのお達し。。。やめようかな、仕事。。。落ち込みに落ち込んだら。。。

「じょ〜と〜やないけぇ、誰にゆぅ〜っとんねん!耳揃えて、きぃ〜っちりカタぁつけさせてもらいまっせ!」そんな気分の私です。頑張るぞ〜!
[PR]
by rica_paris | 2011-11-23 02:33 | ひとりごと

LCL

Atelier d'HANA のBlogをup
かなりムカついたので実名。その名は「LCL」。色々と変な噂なんかは聞いたけど、少なくとも我が家の担当者さん(もちろん日本人)は良い方で、大変協力的。だから今まで銀行を変えようとか1度も思った事は無かった。

今日契約している支店ではなく、ソルボンヌ駅近くのLCLへ行った。銀行内のキャッシュディスペンサーから日本の銀行のキャッシュカードでお金を引出し、そのままダイレクトに振込用機械にてLCLの我が家の口座へ入金。引出した金額よりなぜか振込金額が10ユーロ少ない。自分でも数えてみたが10ユーロ少ない。すぐに中止して受付へ行く。もちろん鞄の中やポケットなどなど思いつく所を探したし、引出したディスペンサーにも戻ってみたが、見つからない。

可能性として考えられるのは。。。
1.ディスペンサーの数え間違い
2.私がお金を引き出す時に10ユーロだけ取り忘れた
3.振込用機械の中に10ユーロ閉じ込められ、カウントされず、そして返金されなかった
4.引出しディスペンサーから振込用機械までの間(徒歩5歩)に、落とした
くらいか???

受付のムッシューに尋ねたら「えっ?本当?」などなど言われ、彼も困ったのだろう。もう一人の受付のかなり年上のマダムに相談。彼女曰く「ディスペンサーが間違う分けない、不可能!C'est pas possible!」の一言。私が嘘をついてる様な眼差し。「C'est moi! そう言いたいのは私だよ!」
間に入ったムッシューは困ったなぁ。。。と思いつつなぜかニヤついている。分からないでも無いが。決して面白いジョークではない。
「日本の銀行から引出したから10ユーロ手数料なんじゃない?」など色々考えてくれるが、決してそんな理由ではない。結局「ゴメンね」で片付けられた。

私は一方的に銀行を攻めた訳じゃない。私の言い方が悪かったのだろうか?
ただね、振込機械に戻ったら、なぜか使用不可能になっていた。。。10ユーロが原因か?とちょっと疑ってしまう私。

ねぇ、コレっていいわけ?お金を扱う銀行でしょう!?不透明な部分はクリアにしようよ。しっかりしてよ。安心して預けておけないよ、こんな銀行。どう思う?
[PR]
by rica_paris | 2011-07-18 21:31 | ひとりごと

ウォォォォォ〜

Atelier d'HANA のBlogをup
ウォォォォォ〜、今夜はなぜか大家のヴィヴィちゃんとお食事。。。それもなぜか家で!!!
掃除しなくちゃ!あっ!コンロ周り。。。今更間に合わん!どうしよ〜〜〜!!!

現実逃避の私です。
[PR]
by rica_paris | 2011-05-25 00:42 | ひとりごと

もりばとさんと幸せ

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_22161916.gif

今年もようやく森バトサン達が姿を見せた。相変わらず仲が良い♡

ただ今年は。。。我が家側ではなく、反対側の方が居心地が良いらしく、そちらに飛んで行ってしまう。ボーに「なんだか幸せがあっちに飛んでっちゃうみたいだね。」とつぶやいたら、イヤァ〜な顔をしていた(笑)
[PR]
by rica_paris | 2011-04-21 22:20 | ひとりごと

瞑想 修行。。。下記の続き

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_0125459.jpg

閉鎖ってさぁ。。。そして新しく表示された場所へ移動。徒歩20分程。。。「なんで同じ書類が必要なの?」「さぁ、プリフェクチュールに聞いてくれ」といつも通りのやり取り。既に同じ書類を2、3度提出済みなのだ。まあ、ここは15分程ですむ。

次は私の健康保険について15区にあるRISへ。RISへの加入は3年程前の私。。。もちろん手続きは会計事務所の方に頼んであった。。。頼んであったが。。。なぜかボーの扶養のままになっていて、保険料を支払っていたらしい。。。まぁ、たいした大きな問題にはなっていなかったので良かったが、いったい私の会計士は何をしているのだ???結局RISの大本と思われるRAMへも行かなければならなかった。ここへも徒歩、10分程か。

RAMでも同じ会話「なんで同じ書類が必要なの?」「さぁ、プリフェクチュールに聞いてくれ」などなど、、、に加え、「そんな書類出せない!」「でもプリフェクチュールがさ。。。」とこれまたいつもと同じ会話をする。なんやかんやでそこを出ると2時を超えてた。次は私のURSSAFだ。場所は。。。RISでなんとなく確認の為に住所を聞いたら、私はパリ南の事務所に行かなければならないらしい。。。思っていた場所と違う!!!というより、最初のセキュの近くだ。。。戻らなくては?と思ったが、ボーが行かなければならないMaison des artistsへは遅くとも4時頃までには行かなくてはならない。ご飯も食べていない私たちだったが、思いきって19区のMaison des artistsへ先に行く事に。ココは現在地のパリの真反対。40分以上かけて行く。。。到着は2時45分ごろ。。。と、着いたとたん受付で「何?」「イヤ、これこれしかじか」と説明したらおじさんが「残念!!!最近は午前中だけになったんだ」と明るくウィンクまでして言った。。。

肩を落し、近くのピザ屋さんでピザを食べる。なかなか美味しかった。。。それにしても空しい。

と、ここで気を取り直し私のURSSAF13区へ行く。これまた遠くて。。。40分程掛かった。着いたのが4時40分。。。4月18日本日終業時間4時半とのこと。。。気絶しそうだった。

で、今朝ボーのMaison des artistsへ行き、その後私のURSSAFへ再度挑戦。ボーはいつも通りの会話をして書類を貰った。私は結局1時間半待ち、会計士に頼んであった書類はまったく意味を持たない事が発覚。その場でマダムが作成。ただプリフェクチュールで必要な書類は1ヶ月後にならないと発行出来ないらしく。。。はぁぁぁぁぁ、また行かなければならない。っていうより、会計事務所はいったい何をしてるんだ???お金だけとって???

あぁぁぁぁ、修行者の気分だ、まったく。お腹は減るし、時間の無駄、そして忍耐力。。。フランスに住むとは人間修行だな。瞑想にでも更けよう、まったく。
[PR]
by rica_paris | 2011-04-20 00:37 | ひとりごと

お役所にて

今、URSSAFと呼ばれるお役所にいる。既に1時間は待っているが、2人しか進んでいない。。。

昨日からお役所関係をボーと回っている。滞在許可書更新のための書類集めだ。私はこれらの書類に関しては、結構な金額を支払ってヒトに頼んでいるのだが、結局何も出来ていなくて。。。前回のプリフェクチュールへの書類提出時にすっごく怒られたのだ。人任せにした私が悪かったのだが。。。相変わらず事がスムーズに運ばないフランスだ。

先ず昨日の1件目はボーの書類だ。家から徒歩15分のところにあるセキュ(国民健康保険の受付みたいなところ)へ。着けばあまりヒトも居ず、ラッキー♫が、今月からそこは閉鎖になったらしい

と、ここで私の順番がやって来た。続きは後ほど
[PR]
by rica_paris | 2011-04-19 19:51 | ひとりごと

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_2214024.jpg

東北関東大震災の被害により、たくさんの方々が大変な生活をされております。 ご家族、ご友人を亡くされた方々に心よりお悔やみ申し上げます。

平常にはほど遠いでしょうが、平常に近い生活に戻られた方々も多いと思います。メール等、ご遠慮させて頂いておりましたが、みなさんお元気でしょうか?これから皆さんに少しずつメールにてご連絡させて頂きたいと思います。お元気でしたら、空メールで結構ですので、お返事頂けたら幸いです。
ブログ友達の方々には、ブログを拝見させて頂き、無事を確認させて頂いています。

最初の1週間、皆でTシャツを作ろう!や応援メッセージを送ろう!とか、チャリティ演奏会+いけばなパフォーマンスとか。。。自分に出来る事、出来ない事を無視した。。。ただの野次馬おばさんになっていた私でした。何かしなきゃ!何かしたい!と気持ちばかり焦り。。。家族・友人などの安否の確認と同時に、私の方が騒ぎ立て、当事者の方々よりも興奮し、不安にしてしまったのではないかと今思い、反省しています。

時間が少し経ち自分も落ち着いて来た時、自分に出来る事・出来ない事がある事に今更ながら気づきました。

私に出来る事は、募金と、フランスのIKEBANA関係者への募金への呼びかけ、そしてお花をいける事です。

「花をいけること」、一見無駄な気もしますが、少しでもご協力、そして心の柔らかい風を吹きこむ事が出来たらと思っています。
[PR]
by rica_paris | 2011-03-23 02:49 | ひとりごと

カルトセジュール紛失。。。その後

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_21331554.jpg

さて、私はボーさんが居るチュニジアには行ったのでしょうか?

かなりの私の心の中の確率で、なんとなく再入国時、問題なく入って来れる気がする。。。ただ100%ではないけどね。でも、再入国出来なかったら。。。笑い話にもならない現実。。。と、まぁ、こんな感じで、ご想像通り、中止としました。

ただ!!!中止にするにはチケットの日付変更や払い戻しをしなければ!

いや〜、まいったまいった。久しぶりに発展途上国おフランスにいると実感!

チュニスエアーのTozeur(ボーの滞在先)支店に電話をしたり、仕舞にはなぜかオルリー空港の警察まで電話をかけなければならなかった現実。。。これらはフランス語堪能Yoshiにお願いしたんだけど。。。私の語学力じゃ無理だったわ。

はぁ〜、フランスって、まったくもって手の掛かる国だね、全く。
結局は、12ユーロの保険をケチったばっかりに払い戻し、日付変更は不可能。350ユーロが散った訳だ。

で、その夜、1人ぽっちの週末になるところを、「ボジョレーヌーボーの会」に参加させてもらった。皆で1本ずつ持ち寄り、ご飯も1品持ち寄り、飲み比べ。
私はやけくそで10ユーロもするやつを持って行っただが。。。あんまりだったな。ボジョレーのあの軽い感じやフルーティーさに欠けていた。通常のワインと変わらんかった。まぁ、ワインも値段ではないと言う事だね。

紛失事件、払い戻し事件、そしてボジョレーと、なんだかフランスに振り回された1週間だったな。
[PR]
by rica_paris | 2010-11-23 22:14 | ひとりごと

いざ、行かん!

Atelier d'HANA のBlogをup
c0187498_23144365.jpg

はて?。。。あと出発予定まで3日ある。その間にレセピセを出してもらえたら。。。もしかして、行けるんじゃない?

「よし!明日直談判してみよう!直訴だ直訴!」ととんでもない事を思いつく私。自分で自分が恐ろしくなる。。。直談判の前に、もう少し家の中を探してみたらどうなのだろうか?と頭の隅っこをスゥ〜っと横切る。。。が。。。

だいたい片付けが出来ない私に、見つけ出す事不可能、そしてその後の片付けは誰がするのだ???

などなど考えると、朝早くから並んだ方がマシだ!と思う私だった。

さぁ、どこのプリフェクチュール(以下プリ)に行くのが良いのか?パリの代表と言える、シテ島にあるプリか?それとも前回レセピセを発行してくれた17区凱旋門近くのプリか?凱旋門はメトロに乗らなきゃ行けないから。。。まずは近場のシテから行ってみよ〜。まだまだお気楽な私だ。

で、上の写真のプリへいざ出発!朝8時には到着予定が、家を8時半に出発。。。なんともはや。。。予想通り、長い行列。それでも30分ほどの待ちで中に入れる事に。どこに行ったら良いのか分からないので、とりあえず受け付けマダムへ。

「え〜っと。。。かくかくしかじか。。。うん、そうそう、昨日の電話でもダメだって言われたのよ。でもね、どうしても、どうしてもチュニジアに行きたいのよ!だから再度レセピセ出して頂戴な、マダム。」
「はぁ〜、ヴァカンス取る為に、2回目のレセピセ発行を尋ねにくるなんて。。。はぁ、聞いた事もないわ!」
「そ、そうですよね〜!でもね、まずトライしてみようと思って。」
「まっ、とにかくここへ行って聞いてみなさい、ダメだと思うけどね!」

粘りに粘り、こんだけ粘れるなら、もう1度部屋を探し。。。止めよう、考えるのは。
貰った住所を見ると。。。あっ、やっぱり17区凱旋門近くのプリだ。なぁ〜んだ、最初っからココに行けば良かった。

c0187498_2333382.jpg

凱旋門近くのプリ。ここでも待つ事30分位。黒人ガードマンさんが、パスポートなどをチェックしながら順番に中へ入れて行く。

さて、私の番。
「今日は何の用?」「はぁ、かくかくし。。。」まだ話終わらないうちに、「あ〜だめ駄目!ここはそういう目的でくる場所じゃない!予約を電話で取ってこい!」「いやぁ〜、ごもっとも!実は私も昨日電話したのよ。でね、今朝シテにも行って来てね。で、ココに行けって言われたのよ〜!」「はぁ〜?はぁぁぁぁ、じゃあ、ちょっと聞いてくるから!」

それでも誰かに聞きに行ってくれた。。。が、帰って来た彼の手元には昨日電話したプリの電話番号が!だからさぁ、そうじゃないんだって!

電話やシテのプリでチュニジア行きに「Non!」と言われた事をひた隠し、まずこのプリ(凱旋門近く)に相談してみたら?と電話やシテにアドヴァイスを受けたと言う事にし(決して嘘はついてない、ウン)、とにかくしつこく粘る事に。
するとムッシュー、「分かった!責任者に聞いてくるから!」

結果
日本のパスポートを持っている私は、出入国に問題は全くないはずだからチュニジア行きも問題ない。Bonne voyage!と言われた。
「いやぁ〜!!!ちょっと待て!観光客ならいざしらず、フランス滞在者が滞在許可書無しで入国出来るなんて変だぞ!!!」
「だから、大丈夫だって!君のパスポートは日本なんだから!心配いらないよ。って責任者が言ってる。」
「じゃぁ、一筆書いて!責任者に書いてもらって!」
「はぁ?だめだめ、とにかく大丈夫だから!」

あんたの「大丈夫だから」なんて太鼓判はまったくあてにならない。。。崖から真っ逆さま、地球の裏側に出た気分だ。

在日本大使館が近いので、日本のパスポートを持っている人は本当に大丈夫なんだろうか?と馬鹿な質問をしに行ってみた。

係の方いわく、「観光客なら全く問題なし。あとは運。よっぽど行かなきゃいけない理由が無いなら出国は止めた方が良い」とやさしくアドヴァイスをくれた。

さぁ、どうする、私?
[PR]
by rica_paris | 2010-11-18 00:00 | ひとりごと


パリにやって来た「いけばな作家」のボケボケな日々


by rica_paris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧